指輪のデザイン

以前は給料3か月分、などと言われていたブライダルリングの価格ですが、最近の統計では年収に左右されるというより、価格帯が2人合わせて20~30万の価格帯が一般的ということが言われています。リングの価格はデザインやあしらう宝石の大きさなどによって変動しますが、年収が高いからと大きな宝石を散りばめるというのではなく、普段使いができるようにということを考えてシンプルなデザインを選ぶ傾向が強まっているからと考えられています。

デザインとしてはストレートタイプ、ウェーブタイプ、V字・U字のタイプの人気が高く、まだ男性には幅が広めなデザインなども好まれています。ストレートタイプは職場でも抵抗がないシンプルなデザインで、少し前までは主流と言われていたデザインです。ウェーブはより女性らしく華奢に見せたいという声から生まれたものでストレートのシンプルさを残しつつも女性らしさをプラスできると人気が高まっています。V字やU字のデザインは、男性女性問わず人気な形でストレートタイプの一部がV字・U字にカットされているデザインを指します。こうすることで指が太い、短いなどのコンプレックスを視覚的に目立たなくすることができます。