結婚指輪とは

結婚式を挙げる際にやりとりされる指輪、ブライダルリングには2種類があります。まずは、プロポーズの際に男性から女性に送られる婚約指輪です。これはエンゲージリングとも呼ばれ、ダイヤモンドなどをあしらった豪華なデザインのものが多く、相手に婚約を申し込む約束としての意味を込めて贈られます。この華やかなデザインから、エンゲージリングはパーティーや式典の雰囲気にも合う特別なときにつけるものとして扱われてきました。そして、もう一つは実際に結婚式の際に新郎新婦の間で交換される時にも使う結婚指輪です。エンゲージリングに対してマリッジリングと呼ばれ、普段から使えるようにとエンゲージリングに比べて落ち着いたシンプルなデザインのものが多く、普段からはめて使うことで、婚約をしていると周囲に伝える意味があります。以前は普段使いする人も少なかったエンゲージリングも海外では普段の生活から使う人も多く重ね付けをする文化もありましたが、最近では日本でもマリッジリングと一緒に左手薬指で重ね付けをして着用する人が増え、以前は華やかなエンゲージリング、シンプルなマリッジリングとされてきたデザインも、少しずつ変化を見せています。

マリッジリングはペアリングで作成するリングですが、ベースとなる形やデザインを揃えて男性女性それぞれの指の形に合わせ、曲線を加えたり太めにしたりとそれぞれに合わせて工夫することも可能です。長く連れ添うものなのでデザインを考える段階からよく話し合うことが大切です。